若年性更年期障害になったら、もう更年期は来ない?

本来更年期とは閉経の前後10年間のことを言います。日本人女性の平均閉経年齢は50歳前後ですから、45歳〜55歳くらいまでが一般的な更年期の期間となります。それに対してもっと早く、本来更年期が起こらない30代〜40代前半の段階で更年期障害の症状がはじまることもあります。

若年性更年期は若くして更年期が訪れた事ではない

50代サプリおすすめ更年期若年性更年期

場合によっては20代の段階で起こることもあります。これを若年性更年期障害と呼んでいるわけですが、予防や対策を行う際にはこの症状に対する正しい知識を踏まえておく必要があります。

 

もっとも重要なポイントは通常若年性更年期障害が発症したからといって更年期が訪れたわけではない点です。

 

例外としては老化の進行などかなり早い段階で閉経期が来て30代後半くらいから更年期が始まるケースもあります。

 

しかしごくわずかなケースで通常は冒頭で触れた年齢頃から更年期が始まることになります。つまり、若年性更年期障害と更年期はまったく別のものと考える必要があるのです。

 

ですから若年性更年期障害になって、それを無事乗り越えることができたからといった更年期が来ないということにはまったくなりません。

若年性更年期障害になっても、普通の更年期が訪れることが多い

最悪の場合、30代半ばくらいから発症した若年性更年期障害がズルズルと長引いたうえにそのまま本物の更年期に突入してしまうケースもあるのです。

 

そもそも若年性更年期障害は症状が更年期と共通していることからつけられた名称で、実際に「若いうちに更年期が来た状態」ではありません

 

閉経は体の老化や月経周期の終焉といった年齢を重ねた女性がいずれたどり着く現象です。その結果卵巣機能が低下し、エストロゲンの分泌量が減少することによってさまざまな障害が起こるのです。

 

それに対して若年性更年期障害はストレスや無理なダイエット、栄養不足、不規則な生活習慣といった日常生活が原因でホルモン分泌を促す視床下部、実際にエストロゲンを分泌する卵巣や副腎皮質の働きが低下することで更年期障害と似た症状が表れることになります

 

ですから、若年性更年期障害になったからといって更年期が来ないわけではありません。むしろ長く症状に悩まされないためにも若年性更年期障害はできるだけ早い段階で対策を行っていく必要があります

50代で使ってみたいサプリ口コミ人気ランキング

コスメルジュ編集部が選んだ50代におすすめのサプリメント

高麗美人

50代女性サプリ

サポニンは大豆の7.7倍!更年期の美容と健康に100万袋突破の大人気サプリ
3024円・税込/定期コース3,024円税込→2721円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

FUWARI(フワリ)

50代女性サプリ

プラセンタもコラーゲンも高配合!50代のハリ不足に使いたい食べる美容液
7,020円・税込/定期初回980円(2回目以降3,480円)税込 90日間返金保証
>>公式HPで詳しく見てみる!

キッコーマン からだ想い「基本のサプリ」

50代女性サプリおすすめ基本のサプリ

心身に変化を感じたら!50代女性の美と健康に必要なものが詰まったサプリ
5,460円・税込/定期初回2,730円(2回目以降4,914円)税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

エクオール+ラクトビオン酸

50代女性サプリおすすめエクオール

女性ホルモンと似た働きをダイレクトに実感!サプリの効果を感じにくい人に
6480円・税込/定期コース6480円税込→5832円税込
>>公式HPで詳しく見てみる!